プロキシとは

プロキシとは中継サーバーのことで、ユーザーが使用する端末とASPのサーバーとの間に位置するものや、自由に利用できるものも存在します。代理という意味があり、「プロクシ」や当て字として使用される「串」も同一です。 プロキシには多くの役割がありますが、アクセスの高速化もその一つです。クライアント端末からのインターネットアクセスは、通常はASPなどのサーバーを経由する必要がありますが、プロキシがクライアントとサーバーの間に配置されている場合は、Webデータがキャッシュとして保持されます。 このため、ユーザーが閲覧したことのあるWebサイトで、かつキャッシュにデータが残っている場合には、ASPのサーバーを経由することなくキャッシュデータを直接ユーザーに送信することで、アクセスの高速化が可能となります。 セキュリティの向上も、プロキシの大きな役割の一つです。直接アクセスした場合は、ユーザーのIPアドレスが丸見えとなってしまいますが、プロキシを経由することで相手側にはユーザーのIPアドレスが見えない状態となります。 また、プロキシサーバー上で有害サイトの閲覧制限をかけることで、ユーザーが有害サイトを閲覧してしまうことや、ウイルス感染の危険を事前に防ぐことが可能となります。

プロキシの種類

企業には多くのクライアントPCが接続されています。一度に社内の端末からアクセスすると大きなトラフィックが発生することになります。トラフィックは交通渋滞に例えられます。それを解決するためにプロキシーサーバはあります。プロキシサーバはサーバ内にキャッシュをためこむことで、同じウェブサイトを見に行く場合には外部のウェブサーバーに接続すること無くキャッシュから応答をすることができます。そのことで外部へのアクセスを高速化することができるというわけです。一般的そのような役割を担っているのはウェブプロキシです。HTTPというプロトコルを仲介する役割があります。一般的にウェブと呼ばれるプロトコルです。インターネット上に多く存在するホームページはHTTPか暗号化されたHTTPSのプロトコルで通信を行っています。外部へのアクセスは全てプロキシを通過するためどのような通信があるのかを把握することも可能です。ウェブ以外にもプロトコルごとに様々なプロキシの種類が存在します。それぞれのプロトコルでウェブと同じように各サーバーの代理としての役割をつかさどるということになります。企業では社内の情報に匿名性を持たせるためにもプロキシは重要な存在です。

プロキシの見つけ方

プロキシとは代理サーバのことです。インターネットに直接接続するのではなく、いったん代理のサーバに接続することで、自身の情報を外部のネットワークにさらすこと無くインターネットにアクセスできるというわけです。そういう目的のために公開されているプロキシがあります。しかし、公開プロキシには危険性もあるので注意が必要です。最近では公開プロキシを探すための検索ツールなどもできています。非常にレスポンスのいいサーバを探すことができます。あらかじめ設定されているプロキシ情報の中から情報の収集が行われてしばらくすると多くの候補が表示されてきます。しかし、その中で実際に利用できるサーバは多くないということがいえます。そのためにテストを行うことができます。テストすることで快適に利用出来るかどうかを確認することができます。どこのサーバであるかという情報も表示されるので、不明となっているものは選ばないようにすることである程度の安全性は保てます。そのようなツールを利用することで、確実に使えるプロキシを見つけることが可能になります。インターネットには多くの情報があるので、しっかりと確認して適切に選ぶことが大事です。

公開プロキシーに注意

一般に公開されているプロキシには様々なリスクがあるので十分に注意することが必要です。インターネットの世界に踏み込むということは、必ず通ったあとが残ることになります。インターネットにアクセスするパソコンには必ず固有の情報があります。その情報がアクセスするごとに残っていくことになります。しかし、公開されているプロキシを経由してアクセスすることで固有の情報を外部に残さず秘匿性を持つことができます。マスクを被った状態でインターネットにアクセスできるというわけです。プロキシの本来の目的は足跡を消すことではなく、インターネットに代わりにアクセスして情報をプロキシサーバ上に蓄えておくことで、通信の流れを少なくするということです。しかし、それに付随してアクセス制御などの機能ももっています。外部に直接接続しない仲介の機能を秘匿に使うことを目的として多くの公開プロキシが公開されています。しかし、そういうプロキシを利用することで自分のIDのやパスワードなどが盗まれてしまう可能性があります。実はそういう目的をもって公開されているプロキシも多くあるということを知っておくことは大切なことです。いったん漏れてしまった情報を回収することは不可能に近いといえます。注意が必要です。

↑ PAGE TOP